• Home
  • タグ: のれん

早めに依頼をするのがベストである理由

店舗の新規オープンを控えて準備をしている際には、内装から食器までさまざまな部分で決めるべきことがあるため忙しいものです。こまごまとした開店準備に追われているときにはのれんを製作依頼をすることを忘れてしまう、ということもあるのではないでしょうか。

たとえ忘れていなかったとしても、つい後回しにしてしまうということはあるものです。しかしさまざまな準備をした後に、のれんを制作するとなると十分な時間をかけてデザインや色などを考える余裕がなくなってしまうかも知れません。

お店の入り口に掛けたり、日よけとして店舗の前面に設置したりする暖簾は、店舗の外観の印象を左右するほどの存在感のあるものです。色やデザイン、大きさなどによって見る人に与える印象はガラッと変わってくる場合もあります。

印象を決めるのれん

つまり店舗で使用するのれんは、お店の顔ともなる存在ともいえます。

お店のブランディングにも関わる大切な暖簾は、どのようなものでも良いというわけではありません。そのため制作するときには、時間をかけてよく考えて色やデザインなどを決める必要があるのではないでしょうか。

依頼するタイミングは、ぜひ早めにすることをおすすめします。

専門家のいる京都のれん株式会社

京都のれん株式会社は、インターネットを利用した通信販売で本格的なのれんを注文することができるサービスを提供しています。定番の品からオーダーメイドのオリジナル品まで幅広く対応しているのが特徴です。

世界に1つだけしかないオリジナルのデザインで製作することが可能なので、店名の文字やロゴマークを入れた商業施設で使用するのに適したものが作れます。

新規オープンするお店の店頭に掛けるのれんを制作するのであれば、京都のれん株式会社のような専門家に依頼するのが良いでしょう。生地の種類や製作技法に関して詳しいため、作りたい理想的な暖簾を形にするために不明な点があった場合には相談をして解決することができるはずです。

のれん製作の相談

とはいえどのような暖簾をどのような目的で制作したいのかについては、これからオープンするお店のコンセプトを知る人でなくては決めることができないでしょう。そういったことからも、制作について考え始めるのは早目がベストとなります。

そうすれば十分な時間を持ってお店のコンセプトに合った色やデザインを選べるはずです。ロゴの製作に関しても依頼することが可能なので、店舗の顔に相応しい1枚を制作できます。

のれん工場で作る商品を見られるショールームはあるの?

見学出来るかどうかを問い合わせをしましょう

これからのれんを作る方にとっては、サイトでの注文だけだと
不安だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方はショールームに実際に出掛けてみることをお勧めします。

中には、ショールームがないところもありますので、あるかどうかを
事前に確認し、もしあれば予約をしてから出かけましょう。

のれんを製作されている方にとっては、品質のよいものを作りたいと
いう方や、多くの量を作らないといけないため失敗したくないという方もいます。

のれん見学

実際にのれん工場に出掛けることによって、どのような生地で作っているのか、
製造工程などを知ることが出来ます。

またのれんの製造者の顔を知ることで、こんな方が作っていたのかという
信頼も生まれますので、安心して製作をまかせることができるのではないでしょうか。

サイトのみで注文すると、どのような製品になるのかわからないということも
あるかもしれません。

実物をしっかりと見てから、注文することが出来ますので、布地の品質や色なども
自分の目でしっかりと確認することが出来ます。

オリジナルグッズなどの展示も行っているところもありますので、
のれん以外にどのような製品があるかをチェックしておくとよいです。

訪れるメリットはたくさんあります

のれん工場のショールームを訪れるメリットはたくさんあります。
現在はサイトから商品を発注することは簡単に出来ますが、サイトで掲示されて
いるのれんの写真はどうしても平面的なものですので、情報量が少なく不安に
思うこともあるかもしれません。

しかし、訪問することによって自分が作りたいのれんについて対面で
打ち合わせをすることが出来ますし、どのようなのれんを作りたいのかを
直接会って、自分の要望を伝えることが出来るメリットがあります。

のれんを見て確認

商品の品質も確認することが出来ますので、よい品質であれば任せることが
出来ますし、残念ながらそうでない場合は断ることも可能です。

生地のサンプルが欲しいという方は、お願いすると貰えることもあります。

どのようなものを作っていいのかわからない方は、お店の外観や内装などの
写真を持参しておくと、プロの立場からアドバイスをしてくれますので
参考にされるとよいでしょう。

実際に訪れることによって、どのようなデザインにするのか、生地や染色方法や
仕立て方法など、詳細な打ち合わせもできますので満足できる作品に仕上がります。

納得出来るものを作りたいという方は、訪れてみるとよいかもしれません。

京都のれんさんは様々な手法でのれんを作られています

シルクスクリーンによる印刷

京都のれんでは、様々な方法でのれんを作っています。
その中の一つにシルクスクリーンという技法があります。

これは、型を作ってそれに顔料を使って印刷する技法です。
型を使うのできれいな印刷ができるのが特徴で、特に細かい
場合は写真製版で型を作る方法が適しています。

のれんのデザインによってどの方法を用いるべきかは
変わってきますが、作りたいのれんの希望を伝えれば、
最適な方法を提案してもらうことができます。

見積もり

こちらでは、ネットから見積もりを出してもらうことが
できますが、そこで希望を伝えることができますし、
問い合わせも随時行うことができるので、もしわから
ないことがあれば相談してみましょう。

サイトでも細かい技法の紹介をしているので、それを見ながら
選んでみるのも悪くありません。

もちろん、デザイン次第で向き不向きがあるため、実際に
可能かどうかは直接確認しておく必要があるので、
見積もりの際に可能かどうか聞きましょう。

印染めという手作業による伝統技法

印染めという技法もありますが、これは色を付けない部分に
印をつけて染めるという方法です。

京都のれんでは職人による染め抜きを行っていますが、それは
この方法も用いています。

具体的には、色を付けない部分に糊を置いて、地の色を染めて
いきます。

手作業で行うので、しっかりとした品質を確保することが可能です。

手作業

通常は、手作業で行う場合はあまり細かいデザインには
向いていませんが、こちらでは手作業とは思えない美しい
染めを実現しているそうで、利用者から驚きの声が上がって
いるとのことです。

そのため、美しい仕上がりに期待したい方もこちらを選んで
問題ないでしょう。

この方法は耐光には弱いですが、摩擦に強いとのことなので、
擦れる可能性のある場所にのれんを使う場合にはこれを
選ぶのもありです。

色は依頼に合わせて調合するので、細かいカラーの要望にも
応えてもらうことができます。

紙媒体で色を送れば、再現することも可能だそうです。

展示会でも活躍!のれんで高級感のある入口を演出

かつては、多くのお店でのれんが使用されていました。
最近でも、温泉や銭湯、旅館などの和風を演出しているお店で
使用されることがありますが、目にすることはめっきり減りました。

しかしながら、のれんは高級感を演出するためのアイテムとして
非常に使え、展示会などでも活躍します。

活躍する

展示会を開催する場合、展示内容に気を配ることはもちろん必要です。

しかし、成功させるためには、展示してあるものだけではなく、
様々な要素を揃える必要があります。

案内係のマナーや、人が集まりやすい場所で開催することはもちろん
重要ですが、展示をする部屋や建物も考慮する必要があります。

建物自体が、展示内容と明らかにマッチしていなければ、人には
違和感を与えてしまいます。

洋風な建物の中に、和風の展示をすれば、優れたキュレーターなどが
いない限り、あまり人気が出ません。

また、建物があまりに安っぽく、展示に向いていないようであれば、
建物自体が雰囲気を壊してしまいます。

また、展示をする部屋にも、最大限の気配りや工夫が必要です。
展示内容と部屋の雰囲気は、マッチしている必要があります。

展示してあるものが高級品であるのに、部屋がありきたりなもので
あれば、来訪者の高い評価を得ることはできません。

展示会にのれんを使用することにより、高級感がある雰囲気を作れ、
来訪者の高い評価を得ることができます。

お店に合わせること

逆に、庶民的なのれんを使用すれば、安っぽい雰囲気をあえて出す
ことも可能です。

このように、外部要因を作ることも、展示内容を引き立てるために、
大いに活躍します。

 

展示会マーケティングにおける効果的なアプローチ方法

ビジネスマン同士を対象にするビジネスでは展示会マーケティングは大変重要な要素を持ちます。

そのビジネスに興味を持つお客さんがやってきて直接感想などが聞けるからです。その時点では契約がまとまらないにしても、その後から連絡を取り続けるようなことをしていけば顧客に繋げられます。

問題はどのように顧客にしていくかです。ここで重要なのは展示会で直接話が聞けた人の中で契約などに繋がるのは約10%という点です。

中にはすぐ商談を行いたいという人はいるかもしれませんが、焦らずにじっくりとアプローチをかけていくことで将来的に顧客にさせていくことは可能です。

ここでは多くのビジネスマンの名刺を手にすることになりますが、その取捨選択、選別が重要です。ポイントは事前に見込み度が高そうな人を見つけておくということです。こんな人に顧客になってほしいという理想像があるものですが、これを設定しておくだけでも目星をつけやすくなります。

見込み度が高そうな人から名刺をもらえばすぐに契約に結び付け、まだ見込み度が低そうな場合には後で名刺を整理して優先順位をつけて案内をしていくことになります。

見込みがある人には素早く、ない人にはじっくり攻めるというスタンスが大切であり、そのようなコミュニケーションをとれば安心です。