本染めのれんの特徴は?

 のれんは間仕切りになるだけでなく、屋号を印刷することによってお店のアクセントにしたり目印にすることができます。

さいきんののれんは印刷されたものが多く、化学繊維のものも増えています。
しかし印刷されたものは布地の上にインクを塗りつけるだけなので、デザインやカラーバリエーションが豊富であるという魅力がある一方で色落ちがしやすいで欠点もあります。

 

色落ちをせずに長持ちできるのれんが欲しいときは、本染めを選ぶことをおすすめします。
本染めは綿素材に限られていますが、熟練された職人が手作業でじっくり時間をかけて行うので深い味わいを出すことができます。

 

最初に染め抜きたい柄をデザインして型を作り、その型を生地の上において染色用の糊をのせていきます。
その後、糊を乾燥させてから染色をしていきますが全て手作業でゆっくり時間をかけて行っていくので職人のスキルや深い味わいが出てきます。 染色したものが乾いたら水で洗い流していき、余分な染色や糊を取り除いたら乾燥させて仕上げになります。

繊維の1本1本にまで染色していくので、仕上げの後は何度洗っても色が落ちにくくなり、長持ちすることが本染めのれんの魅力です。 見た目の風合いも良いですし、世界に1つだけのオリジナルを作ることも可能です。 のれんに屋号を描いたり、こだわりのデザインを描くようにすればそれがお店のこだわりにもなりますから、代々受け継ぐ価値のあるものになるでしょう。

 

other page :

 

 

のれんのカテゴリー