京都のれんは小型サイズのオーダーができる

  • Home
  • 京都のれんは小型サイズのオーダーができる

京都のれんは、古くからある伝統や技術を踏襲して
味わい深い作品が作れるのが魅力です。

様々あるのれんの中でも京都のれんは、手書きを重視したものが多く、
特に老舗の専門店では機械でプリントしたものとは異なる
自然でどこか優しさを感じるものが出来上がります。

サイズもいろいろと選べますが、小型サイズの注文ももちろん可能で
特にオリジナルオーダーができるものは人気があります。

小型サイズののれん

小型サイズののれんは、ロールカーテンとは違い、天候や時間帯などで
光や風による表情の変化が楽しめ、置くところを選ばないメリットがあります。

生地や使用する顔料、長さなどを微妙に調整することで、
置くところにマッチした風合いのものを作ることが可能です。

特に手書きのものでオリジナルの柄のオーダーができると、
機械を使って大量生産されたものと同じ文字や字体を採用しても
美術作品のような独特なイメージのものができ、
手掛けた職人さんのカラーが出て、独特な表現ののれんが
出来上がることでしょう。

顔料などを工夫している専門店もあるので、機械で作成したのれんとは
同じ色でも色合いが異なることもオリジナリティあふれる作品につながります。

子供の生活の中でのれんを使用できる場面

のれんというと、飲食店や店舗など商業用目的で使用するイメージが強いものです。

それは、それぞれのお店の特色を端的に示して、集客につなげるのに有効なアイテムだからです。

メッセージを強く伝えられるアイテムとしてののれんは、
実は子供たちの生活に密着する場面で、その場所がどんな場所かを
的確に伝える点で役立ちます。

最近では、店舗や病院などでキッズルームなど子供用のスペースや
遊び場が多く作られるようになりましたが、そのような場所の前に
のれんを使用することで、ここからは子供たちが遊んでよい、
はしゃいでよい場所というラインを引くことにも活用できます。

その際、文字を表記するよりも、子供が喜ぶような絵柄や
キャラクターデザインなどを使用すると、子供用の場所という
メッセージ性が伝わりやすくなります。

子供部屋に活用

また、家庭で使用する場合でも、かわいい柄や動物の柄などを使ったり、
少し長めのサイズにして目隠しできるようにすると、急な来客でも
慌てることが少なくなります。

また、季節に合わせて柄を替えるなど変化を持たせると、
子供だけでなく、家族でも季節感を持って生活するのに役立ちますし、
絵画などをモチーフにしたものを使うと自然と学びの場になることでしょう。