京都のれんの商品は発色が綺麗

  • Home
  • 京都のれんの商品は発色が綺麗

京都のれんは、日本家屋をベースにした町家風のカフェなどにぴったりの暖簾を手掛けています。

近年では、インクジェットプリンターを使って印刷する事が可能ですが、京都のれんでは、この方法と同時に伝統的な手染め技法でも作っています。

染め抜きをする事で、プリンターでは表現出来ない懐かしくて温かい雰囲気の暖簾を作る事が出来ますので、顧客に人気があります。

京都のれんは各工程に職人がおり、それぞれの職人が非常に高い技術で商品を作っていきます。

手染めの技術

その為、各工程における仕上がりはとても高く、最終的に完成した商品は顧客の満足度を十分に満たしてくれるでしょう。

手染めは、気象条件や気温・湿度によっても出来上がりが変わってきます。職人は、その条件に合わせて染色をしていき、一定の完成度を保ちつつ、顧客の要望に応えています。

魅力的な製品を作り出す京都のれんは、企業が求める印象の商品に仕上げてくれ、期待に応えてくれるでしょう。

オーダーメイドののれんの製作も受け付けている

店の雰囲気は、そこに使われるアイテムによって違ってきます。のれんは、町家風の店によく似合うアイテムであり、京都などの古都で店を構える際には定番アイテムです。

こののれんを使う事で、通りを通る人々に店の目印になり、一度見たら覚えてもらえるといった効果を期待する事が出来ます。

覚えやすい

オーダーメイドののれんを製作してもらうには、企業の要望を聞いて、それを実現出来るだけの実力が制作会社に求められます。

染色方法に拘りがあり、昔ながらの手法と現代の手法を両方バランス良く採り入れて、顧客のニーズに応えられる体制が整っている会社に依頼するのが望ましいでしょう。

オーダーメイドでのれんを作るメリットは、オリジナリティを出せる点です。既製品とは違って、店独自の個性を出す事が出来ますので、企業にとっては目印や宣伝として使い易くなります。

生地は、麻や綿で作られていますので、温かみを感じられますし、和のテイストを引き出せます。