• Home
  • タグ: 暖簾

ポリエステル麻|コストも安く軽量でシワになりにくい暖簾

暖簾は生地の選び方で、ふだんの仕上がり具合が変わります。
しわになりにくくしたい場合は、麻にポリエステルを混ぜて
紡いであるポリエステル麻が良いでしょう。

キビラ麻麻の性質は丈夫であることですが
固くて太いのでしわになりやすいです。

しわになりやすいと、洗濯したときに
型崩れしやすく、洗濯するたびに
デザインや形状に違和感が生じやすくなります。

麻を100パーセントとしてではなく、
ポリエステルを混ぜて紡ぐと適度な柔軟性が備わります。

洗濯しても型崩れしにくくなりますから、
定期的に洗濯したい場合にも最適です。

麻の耐久性は、磨耗に強い点も挙げられます。
磨耗に強いので、洗濯にも強く、清潔に使用できます。

暖簾に使用するときに気をつけたいのが重さです。
あまり重くなってしまうと、取り付けている箇所へのダメージになります。

ポリエステル麻は、ポリエステルならではの軽さが備わりますから、
暖簾としてのサイズを大きめにしても、見た目ほど重くなりません。

ポリエステル麻

軽量なので取り外しや再設置の作業をしやすく、
ふだんからの洗濯もスムーズです。コストも安くなります。

ポリエステル麻ならではの特性を活かして、ふだんから
洗濯したい場合は、色落ちしにくい素材で文字や絵を
染めると良いでしょう。

麻100パーセントの状態よりも、ポリエステルが混ぜて
紡がれるので、色のにじみが生じにくくなっています。

はっきりと文字を描きたいときにメリットになります。
水分を吸収しやすく、放出しやすい生地でもあり、
湿気の多い環境でも乾燥しやすいです。

 

手洗いから電動へ!世界の洗濯の歴史

動物と違って衣服を着るのが当たり前に人間達、だからこそ洗濯の歴史はかなり前までさかのぼります。ただ洗濯機が出てきたのはつい最近であり江戸時代頃までは桃太郎にもあるような川でお洗濯というのが当たり前だったのです。夏はともかく冬場は水を使う作業はとても大変だったことでしょう。

洗濯機が発明されたのは18世紀のこと、この頃は手動式でしたが水に触れる頻度が減少しましたから世の主婦達にとっては画期的な大発明だったのです。

電動のものは20世紀になってあらわれました。この頃になると電灯が普及し家庭に電気が供給されるようになったからです。この電気を利用して動かすことで水に触れる機会だけでなく重い機器を動かす大変さからも開放されたのです。

更に第二次世界大戦後の頃、自動制御が発展し自動で動くものが出てきました。洗濯のために拘束される時間からも開放され、より楽にキレイに衣服を洗えるようになりました。

二層式だったのが途中で入れ換える手間も無くなり本当にスイッチ一つで動くように、お洗濯の手間はどんどん無くなって来ています。

洗剤や柔軟剤も含めとにかく進化が激しい分野なのです。そのうちたたむのまで自動でやってくれるようになるかもしれません。

麻|暖簾の高級感を演出する

暖簾の素材は、見た目にも影響します。
日本は高温多湿の環境なので、できるだけ湿気対策に
優れた生地を使用したほうが、くたびれた印象を与えずに済みます。

特性

注目したいのは麻です。
適度に湿気を吸収し、必要に応じて
湿気を放出します。

湿度調整機能が自然に発揮されますので
さらっとした感触が得られます。

手や顔に触れたときに、自然な風合いとなって感じられるので快適です。
常に湿度を調整しているので、気化による温度の変化があり、
涼しい感覚になります。

暖簾が麻ならば、打ち水をしたときの気化現象と
同様の効果が得られるので、通る人にとって涼しげです。

太くて固い素材なので、安定感もあります。
それなりの重さになりますので、見た目にも安定しています。

設置する場所の関係で軽くしたい場合は、ポリエステルを
混ぜ合わせたタイプを選ぶと良いでしょう。

扱いやすい混合させて紡ぐと軽くなります。
特徴的なのは発色です。

とても落ち着いている色合いですから
目に優しく、和風のテイストとして
最適な生地です。

鮮やか過ぎない色合いは、主張し過ぎることがなく
どのような環境にも溶け込めます。

洗濯すると、型崩れしやすいのが難点ですが、
もともと汚れにくいので洗濯する回数を減らしても良いでしょう。

麻を多めにしつつもポリエステルを混ぜて織り込めば、
しなやかさが生まれます。

ポリエステルとの混合により、洗濯しても型崩れしにくくなります。
年に一度の、大掃除のときの洗濯など、回数を最初から
限定していれば、無理なく清潔に使用できます。

 

季節別・地域別に見る日本の気候の特徴

日本の気候の最大の特徴と言えば、四季がはっきりとしているということです。

季節別に見る日本の気候の特徴についてですが、春は春の到来を告げる南寄りの強い風の春一番が吹き、夏に向けて徐々に気温が上昇していきます。春から夏に移行する間には梅雨の時期があり、梅雨前線の停滞により降水量が増えて日照時間も短くなります。

梅雨が明けると本格的な夏が到来し、気温や湿度が上昇します。秋は台風が多くなり、徐々に冬に向けて気温が低下していきます。冬は西高東低の気圧配置で厳しい冷え込みとなります。

地域別に見る日本の気候の特徴についてですが、北海道は気候区分が冷帯湿潤気候で冬は寒く積雪も多いです。夏は涼しく過ごしやすいという特徴があります。

本州の太平洋側と日本海側にも大きな気候の差があり、日本海側は北西の季節風の影響で積雪も多く冬は寒いですが、太平洋側は冬でも比較的暖かいです。

北から南に行くにつれて気候は暖かくなります。沖縄は年間を通して暖かいです。冬でも気温が10℃を下回ることはなく積雪もありません。

内陸部の盆地は寒暖の差が激しく、冬は寒く夏は暑いです。昨今の異常気象により夏は猛暑日が続くこともありますし、冬は厳しい冷え込みに見舞われます。

エステルキャンバス|耐久性に優れた暖簾なら

綿に近い質感の生地にエステルキャンバスがあります。

エステルキャンバス

素材としてはポリエステルですが、綿の風合いが感じられます。
綿のような風合いで、しっかりとした感触がありますが、
汚れにくいのも特徴です。

付着した汚れは、拭き取りやすく、清潔に維持管理しやすいです。

暖簾に使用すれば、人間の皮脂に対しても耐久性能を発揮します。
皮脂は油汚れと同じですから、できるだけ吸収させずに、
素材として弾き返せると理想的です。

綿風ポリポリエステル生地は、人間の皮脂が付着しにくく
表面的に光沢感があります。

表面的な光沢感が、皮脂の汚れを
付着しにくくしています。
エステルキャンバスは、綿の風合いを
持たせてあるポリエステルなので、見た目だけでは
綿なのかポリエステルなのか、判別しにくいのが特徴です。

暖簾は人が手で触ったり、顔に直接触れたりする機会が多いので、
普段から清潔に維持管理できたほうが衛生的です。

こまめに洗濯できる環境ならば良いのですが、もともと暖簾を
洗濯する機会は、年末の大掃除のときなどに限られる場合が多いです。

暖簾は空気の通り道にもなりますので、換気のとき以外でも
風が埃を運んできやすいです。

綿風ポリエステルならば、風に運ばれてくる埃が付着しにくくなります。
ポリエステルならではの光沢感が弱めてあると言っても良いので、
文字の発色が柔らかくなります。

温かみのある文字や、穏やかな空間を演出したいときに
最適な素材です。

エステルキャンバスはトートバッグにも利用されることが多く、
普段から親しまれている素材なので、違和感無く調和します。

 

【東日本編】地域で異なる生地の特徴・特色

数多くの繊維産地がある東日本地域の中でも、最北に位置しているのが米沢織の産地として有名な米沢市です。

自然の草木で染めた糸を使用して織り上げられた美しい織物は見る者の心を魅了し、袖を通せばその軽やかさに驚くと言われています。その発祥は古く、400年以上前にさかのぼります。

関ケ原の合戦後に会津120万石から米沢30万石に移封された上杉藩の重臣直江兼続が、藩の収益拡大と領内の産業発展を図るために元々特産品であった麻織物の原料となる青苧や、絹織物の原料を生み出す蚕の餌である桑などの、繊維に関わる植物を藩で買い上げ奨励しました。これを製品化して全国に販売するようになったのが発端と言われています。

その後、織物産業が発展した江戸時代には、当時の先進地であった新潟の小千谷から縮の技術を導入して武家の女性に内職として機織りを習得させることで「米沢織」というブランドを強化させ、藩の財政立て直しを目指しました。当初は麻織物でしたが、養蚕が盛んになっていくにつれてより高級な絹織物の生産が中心となるなど発展を続けて現代に至っているのです。

現在でも男用の袴用途としては90%以上の全国シェアを誇り、婦人用スーツやフォーマルドレスなどにも用いられるなど、和装、洋装を問わず幅広く愛用されている織物です。

天竺木綿|オリジナル性の高い暖簾を作るなら

飲食店や小売店などの店先でよく見られる暖簾は、
屋号や商号などが目立つように描かれていることも少なくありません。

元々は、禅家において冬の寒さを防ぐために、簾(す)の
隙間を覆うための布として使用されていましたが、現在は
店先や部屋の境界に、日よけの目的や目隠しなどのために
つり下げられています。

のれんの形

店先で使用するものに関しては、暖簾が出ていることが
営業中のしるしにもなり、デザインが目立つことで
客寄せの効果も果たします。

天竺木綿は、矢や厚手の生地であり、たて糸とよこ糸を
平織り物の一種になります。

この名前の由来は元がインドから輸入されていたことにちなみます。

白地のままカバー類や粉袋に使用したり、漂白・染色をして
シーツやテーブル掛けをはじめ様々なものに使用されています。

商売を行う店にとって、暖簾はただの日よけや目隠しではありません。

「のれんに傷がつく」と言われるように、店の誇りや
伝統の象徴でもあるのです。

お客さんを呼び込む目的も果たす為に、オリジナル性の
高いものを作る事が重要になります。

天竺木綿を使用してオリジナル性の高い暖簾を
作るときには、染料を用いて生地を着色させることで
木綿が持つ自然で優しい独特の風合いに、染めの
インパクトが加わり特徴のある肌触りのものを作る事ができます。

この素材は様々な方法で着色が出来ます。
直射日光にさらされる場合は、耐候性のある
インクでのプリントも選べます。

平織りのしなやかな素材感はそのままに独特の質感を持った
オリジナルのものが作れます。

また、価格帯も比較的安価で手に入れることができ、
専門の制作会社で天竺木綿によるオリジナルデザインの
ものを依頼できます。

製作会社

インドの旧名「天竺」の由来とは?

インドはかつて「天竺」と呼ばれる国でした。
その由来となったのは、後漢書にてその様に記述されるようになってからのことです。

それまでは、司馬遷の「史記」においては、インドを「身毒」という漢字を当てた記述がなされています。中国に比べると場所が離れていることか、日本の記述に天竺が登場するのはかなりあとになってからのことになります。

日本においては、「義経記」に天竺という言葉が初めて登場し、その記述の中では当時唐土と呼ばれていた中国と、天竺、そして日本を合わせて全世界との記述がなされています。

当時はまだ欧米との交流がなかったことが伺える記録で、近隣諸国のみの認識しかないことが記述から理解することができるようになっています。

原義では印度のことを当時は天竺と称されていたものの、日本ではその原義から離れ、はるか遠方の異国から来た珍しいものに対して天竺という言葉が使われるようになりました。

天竺という言葉を接頭辞として使う言葉の使い方が生まれたのです。例えば、かつてはダリアのことを天竺牡丹と呼びましたが、これも同様の使い方であり、オランダという遥か彼方の異国からもたらされた牡丹ということから、天竺が使われています。

帆布|幅広い用途で用いられている暖簾の綿生地

織り目が鮫の肌のように見えることから、シャークスキンと
呼ばれている生地があります。

暖簾やのぼり、横断幕によく使われる生地で、天竺よりも
厚みがあるのに柔らかい風合いが魅力の生地となっています。

染めることでさらに美しくなり、オリジナル暖簾を作って
店先に使用している人も多くいます。

生地の種類丈夫であることも特徴ですが、帆布よりも
薄手になるため、いろいろな用途に使われる
こともあります。

暖簾に使用される場合は、撚りの強い糸2本と
太めの糸1本を交差させて織り込み、表面に
凸凹とした表情を作ります。

最近アパレル製品に使用されるシャークスキンでは、
縦横に別々の糸を使用することで、織り目や柄をはっきりと見せる
効果を狙い、これを鮫の肌に見立ててシャークスキンと呼んでいます。

スーツに仕立てた時のシャークスキンの魅力は、何と言っても
伝統的スタイルが決まることです。

イギリス紳士のようにスリーピースで仕立てることによって、
洗練された男性の色気を感じさせるスタイルとなります。

そして最近ではカラフルなプリントを施したシャークスキンも販売されています。

スタイル

様々な柄が販売されていますが、程よい厚みがあるために、
クッションカバーやエプロン、バッグなどにも応用されて人気となっています。

全国各地で行われている祭りで使用する演舞にも、
シャークスキンの法被が用いられています。

シャークスキンは染めやプリントをした際にもにじみにくいという
特徴があるため、チームで揃えたい法被には最適なのです。

 

スーツの歴史|スーツはいつ登場した?フランス革命との関係とは

1789年のフランス革命を境に、男性のファッションというのは大きく変わっていきました。

それ以前は、チャールズ2世が出していた「衣服改革宣言」に基づき、白いシャツに半ズボンで上からコートを羽織ると言うようなスタイルでした。ですが、フランス革命期はズボンが長ズボンに変化し、上着が米裾を切り落とし後が長いデザインになりました。

そのため、この時の服が現在のスーツの起源と言われています。現在のようなスーツの形になったのは1900年に入ってからで、当時は上流階級の服装として使用され、夕食時には必ずスーツを着てご飯を食べるような風習があったようです。

また、日本でスーツが広まるようになったのは明治時代で、日本では礼服として日常用に用いられるようになり、その後サラリーマンが使用する通勤着となっていきました。

特に、戦後にかけて日本では機械の発達が著しく、大量生産が可能になったので一般の人に広くスーツが普及するようになり、明治時代と比べて多くの人が着るようになりました。

1980年代以降のバブル期にはダブルボタンなどのルーズなシルエットが流行しましたが、現在では海外のものが主流になり、芯材が一切省かれているものが多いです。