• Home
  • Archive by category "のれんでの演出方法"

展示会でも活躍!のれんで高級感のある入口を演出

かつては、多くのお店でのれんが使用されていました。
最近でも、温泉や銭湯、旅館などの和風を演出しているお店で
使用されることがありますが、目にすることはめっきり減りました。

しかしながら、のれんは高級感を演出するためのアイテムとして
非常に使え、展示会などでも活躍します。

活躍する

展示会を開催する場合、展示内容に気を配ることはもちろん必要です。

しかし、成功させるためには、展示してあるものだけではなく、
様々な要素を揃える必要があります。

案内係のマナーや、人が集まりやすい場所で開催することはもちろん
重要ですが、展示をする部屋や建物も考慮する必要があります。

建物自体が、展示内容と明らかにマッチしていなければ、人には
違和感を与えてしまいます。

洋風な建物の中に、和風の展示をすれば、優れたキュレーターなどが
いない限り、あまり人気が出ません。

また、建物があまりに安っぽく、展示に向いていないようであれば、
建物自体が雰囲気を壊してしまいます。

また、展示をする部屋にも、最大限の気配りや工夫が必要です。
展示内容と部屋の雰囲気は、マッチしている必要があります。

展示してあるものが高級品であるのに、部屋がありきたりなもので
あれば、来訪者の高い評価を得ることはできません。

展示会にのれんを使用することにより、高級感がある雰囲気を作れ、
来訪者の高い評価を得ることができます。

お店に合わせること

逆に、庶民的なのれんを使用すれば、安っぽい雰囲気をあえて出す
ことも可能です。

このように、外部要因を作ることも、展示内容を引き立てるために、
大いに活躍します。

 

展示会マーケティングにおける効果的なアプローチ方法

ビジネスマン同士を対象にするビジネスでは展示会マーケティングは大変重要な要素を持ちます。

そのビジネスに興味を持つお客さんがやってきて直接感想などが聞けるからです。その時点では契約がまとまらないにしても、その後から連絡を取り続けるようなことをしていけば顧客に繋げられます。

問題はどのように顧客にしていくかです。ここで重要なのは展示会で直接話が聞けた人の中で契約などに繋がるのは約10%という点です。

中にはすぐ商談を行いたいという人はいるかもしれませんが、焦らずにじっくりとアプローチをかけていくことで将来的に顧客にさせていくことは可能です。

ここでは多くのビジネスマンの名刺を手にすることになりますが、その取捨選択、選別が重要です。ポイントは事前に見込み度が高そうな人を見つけておくということです。こんな人に顧客になってほしいという理想像があるものですが、これを設定しておくだけでも目星をつけやすくなります。

見込み度が高そうな人から名刺をもらえばすぐに契約に結び付け、まだ見込み度が低そうな場合には後で名刺を整理して優先順位をつけて案内をしていくことになります。

見込みがある人には素早く、ない人にはじっくり攻めるというスタンスが大切であり、そのようなコミュニケーションをとれば安心です。

チームを応援!のれん通販で「幕」を購入

のれんといえば、ラーメン屋や居酒屋など飲食店で
集客効果を高めることを狙いとして使用することがある
アイテムで、のれん通販を利用して手に入れることができます。

居酒屋のれん

既製品だけでも色々とそろっていますし、文字や大きさを変え
オリジナルの形にして注文することも可能ですから
とても頼りになります。

そんなのれん通販では、のれん以外のアイテムを
取り扱っていることもありますので、覚えておくと
役に立つことがあります。

例えば、のれん通販では幕を取り扱っていることがあります。
よくある活用法として挙げられるのが、スポーツの試合の時に
横長の幕を用意して、チームを応援するというものです。

チームを応援する時には、声援を送って選手を
後押しするといったことがよくありますが、それに加えて
こういったアイテムを用意して掲げておくことで、
活気づいて応援に熱が入るものです。

手振り旗

そうすると強く思いが伝わり、選手たちもプレーに
熱が入ることもあるでしょう。

ちなみに、のれん通販の中には、野球やサッカーの
横断幕を取り扱っているところがあります。

すでにイラストが入っていてデザインが完成している
アイテムで、これにチーム名などを入れれば
簡単にオリジナルのデザインの物を手に入れることができます。

文字を入れる時には、書体を選んだり、書体の色を
選ぶことができますので、自分のイメージ通りの物を
作成しやすいものです。

オプションで糸色を選べるなど色々な調整ができることも
ありますので、考えてみると良いでしょう。

 

スポーツ心理学で競技力アップ!?心の面から選手をサポート

スポーツは肉体を鍛え、技術を磨くことで良い成績を残すことが出来ます。

しかし、人間の体は機械ではありませんから、肉体を動かそうとする心も重要な要素です。記録を達成しようという目標設定やライバルに対する闘争心があることで、肉体を鍛えるトレーニングもより効果が出てくるのです。

そのために行うのがメンタルトレーニングですが、指導者はいい加減なことをしても結果が出るとは限らず、正しく心のサポートを行うためには心理学のスキルを学ぶ事が必要です。

そこで用いられるのがスポーツ心理学で、体と心がいかに関係しているのか、緊張や不安といったパフォーマンスを低下させる要因をいかに取り除いていくのか、というように幅広い分野での研究が行われています。現在はスポーツだけでなく、怪我をした人のリハビリなど体を動かすこと全般で活用されるようになりました。

スポーツ心理学は日本では本格的に始まったのは、日本スポーツ心理学会が設立された1973年からと言われています。

歴史にしてみるとほんの30年くらい前のことです。ただその前の段階である体育心理学は戦後間もなくから行われており、1964年の東京オリンピックそして、その翌年の1965年に設立された国際スポーツ心理学会の影響もあり日本スポーツ心理学会設立までこぎつけたのです。

天竺木綿|オリジナル性の高い暖簾を作るなら

飲食店や小売店などの店先でよく見られる暖簾は、
屋号や商号などが目立つように描かれていることも少なくありません。

元々は、禅家において冬の寒さを防ぐために、簾(す)の
隙間を覆うための布として使用されていましたが、現在は
店先や部屋の境界に、日よけの目的や目隠しなどのために
つり下げられています。

のれんの形

店先で使用するものに関しては、暖簾が出ていることが
営業中のしるしにもなり、デザインが目立つことで
客寄せの効果も果たします。

天竺木綿は、矢や厚手の生地であり、たて糸とよこ糸を
平織り物の一種になります。

この名前の由来は元がインドから輸入されていたことにちなみます。

白地のままカバー類や粉袋に使用したり、漂白・染色をして
シーツやテーブル掛けをはじめ様々なものに使用されています。

商売を行う店にとって、暖簾はただの日よけや目隠しではありません。

「のれんに傷がつく」と言われるように、店の誇りや
伝統の象徴でもあるのです。

お客さんを呼び込む目的も果たす為に、オリジナル性の
高いものを作る事が重要になります。

天竺木綿を使用してオリジナル性の高い暖簾を
作るときには、染料を用いて生地を着色させることで
木綿が持つ自然で優しい独特の風合いに、染めの
インパクトが加わり特徴のある肌触りのものを作る事ができます。

この素材は様々な方法で着色が出来ます。
直射日光にさらされる場合は、耐候性のある
インクでのプリントも選べます。

平織りのしなやかな素材感はそのままに独特の質感を持った
オリジナルのものが作れます。

また、価格帯も比較的安価で手に入れることができ、
専門の制作会社で天竺木綿によるオリジナルデザインの
ものを依頼できます。

製作会社

インドの旧名「天竺」の由来とは?

インドはかつて「天竺」と呼ばれる国でした。
その由来となったのは、後漢書にてその様に記述されるようになってからのことです。

それまでは、司馬遷の「史記」においては、インドを「身毒」という漢字を当てた記述がなされています。中国に比べると場所が離れていることか、日本の記述に天竺が登場するのはかなりあとになってからのことになります。

日本においては、「義経記」に天竺という言葉が初めて登場し、その記述の中では当時唐土と呼ばれていた中国と、天竺、そして日本を合わせて全世界との記述がなされています。

当時はまだ欧米との交流がなかったことが伺える記録で、近隣諸国のみの認識しかないことが記述から理解することができるようになっています。

原義では印度のことを当時は天竺と称されていたものの、日本ではその原義から離れ、はるか遠方の異国から来た珍しいものに対して天竺という言葉が使われるようになりました。

天竺という言葉を接頭辞として使う言葉の使い方が生まれたのです。例えば、かつてはダリアのことを天竺牡丹と呼びましたが、これも同様の使い方であり、オランダという遥か彼方の異国からもたらされた牡丹ということから、天竺が使われています。