麻|暖簾の高級感を演出する

暖簾の素材は、見た目にも影響します。
日本は高温多湿の環境なので、できるだけ湿気対策に
優れた生地を使用したほうが、くたびれた印象を与えずに済みます。

注目したいのは麻です。
適度に湿気を吸収し、必要に応じて湿気を放出します。

湿度調整機能が自然に発揮されますので、さらっとした感触が得られます。

手や顔に触れたときに、自然な風合いとなって感じられるので快適です。
常に湿度を調整しているので、気化による温度の変化があり、
涼しい感覚になります。印象

暖簾が麻ならば、打ち水をしたときの気化現象と
同様の効果が得られるので、通る人にとって涼しげです。

太くて固い素材なので、安定感もあります。
それなりの重さになりますので、見た目にも安定しています。

設置する場所の関係で軽くしたい場合は、ポリエステルを
混ぜ合わせたタイプを選ぶと良いでしょう。感触を確かめる

混合させて紡ぐと軽くなります。
特徴的なのは発色です。

とても落ち着いている色合いですから、目に優しく、
和風のテイストとして最適な生地です。

鮮やか過ぎない色合いは、主張し過ぎることがなく、
どのような環境にも溶け込めます。

洗濯すると、型崩れしやすいのが難点ですが、
もともと汚れにくいので洗濯する回数を減らしても良いでしょう。

麻を多めにしつつもポリエステルを混ぜて織り込めば、
しなやかさが生まれます。

ポリエステルとの混合により、洗濯しても型崩れしにくくなります。
年に一度の、大掃除のときの洗濯など、回数を最初から
限定していれば、無理なく清潔に使用できます。

Noren Master

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)