• Home
  • 豊富な素材と数々の色付けの方法と形状から選べます

豊富な素材と数々の色付けの方法と形状から選べます

のれんのオーダー製作を行う会社、kyonoren.comでは、素材を多数用意していてエステル系だけでも多くの選択肢を持たせていることが特徴です。

麻や綿など基本となる素材の数々は、それぞれ表面に特殊加工を施すこともでき、耐水性や防火性などに優れたのれんも作れます。

防炎加工ののれん

季節により使い分けをしたい方でも、同じデザインで異なる素材やカラーを選択することで1年中使えるのれんも発注できます。

お店など利用者にとっては、一部分に対して店名や会社名だけを名入れする方法もありますが、kyonoren.comではインクジェット方式でフルカラー印刷を行う方法や、美しいグラデーションを表現する技法、シルクスクリーンや昔ながらの染めの技術などご希望通りのデザインに仕上げることも得意分野です。

更に設置場所に合わせたサイズ指定も完璧に行っており、来店者が少しだけ頭部が触れるようなサイズから、地面近くまでの長いのれんも対応しています。

入口の間口のサイズに対して幅も自由に指定することもでき、既製品では幅が合わないという問題も全てクリアできる会社です。

高品質ながらも1枚当たりの単価は選ぶ内容で差が生じますが、オーダー製作としてのアイテムで考えた場合、十分に安い価格にて提供していることも魅力ではないでしょうか。

時代や季節に合わせた人気のカラーにも対応してます

 

のれんと言えば、どちらかと言えば濃い色を採用していることが多い傾向にあります。
実際に濃紺や濃い緑色、赤や小豆色などを使っているお店を見掛けたことがある方は大勢いるのではないでしょうか。

赤色ののれん

濃い色は品格を高めることを希望する際には確かに向いているものですが、kyonoren.comでは他のカラーリングののれんも問題なく製作しているので古くからの習わしとは異なる素敵なのれんを作り出せます。

昨今人気の色の中には、セーヌカラーも該当していてこの種のカラーリングは涼しげなイメージが強いものなので、日本の夏の季節においてはお店にとっては集客力を高める効果も期待できます。

真夏の炎天下の中では冷たい食べ物やスイーツ、アイスが人気になりますが、このようなメニューを持つお店の場合は、セーヌカラーを選ぶことで来店する方が持つイメージを最適化できるのではないでしょうか。

セーヌの場合は薄い水色、薄いピンク、薄いオレンジなど多彩にあり、色の指定に関してはお店であればお店の外装と内装に合わせたコーディネートをすることで失敗を避けることもできます。

せっかくのオーダーのれんを作る際には、涼しげな色を指定した後には、汚れてしまう問題を解決するために、防水加工を施す方法や洗濯を行える素材を指定すると長きにわたって使い続けられます。

Noren Master

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)