掛け軸を骨董品買取してもらうポイント

掛け軸を骨董品として買取してもらう場合、どんなポイントに気をつければいいでしょうか。
よくあることとして、押し入れなどに長期間しまいこまれていた掛け軸が、
カビなどが原因で価値を落としてしまうというものです。

気温も湿度も高くなりがちな日本の家屋は、カビと切っても切れない関係にあります。
普通の家庭で、適切な温度管理をすることはとても難しいことといえます。

近年ますます高温、高質になっていることもあり、骨董品を長期間にわたって
所蔵していると、ますます劣化する可能性が高くなります。

高値で売りたいからと、何年も保管している人もいますが、早いうちに
買取してもらったほうが、結果的には高い値がつくことが多いようです。

また、買取をまだ考えていない段階でも、一度専門家に見てもらったほうが、
今後どうするかを決めやすくなります。

骨董品である掛け軸はわずかな違いで買取価値が変わることも多く、どのように保管し、
どんな状態で買取に出すかもとても大事だからです。