古い時代の抹茶道具を骨董品買取してもらうポイント

お祖母さんが茶道の先生をしていた人などの場合には、
遺品として沢山の抹茶道具を譲り受けるような事もあるものです。

しかし自分は茶道をしていないという人の場合には、
宝の持ち腐れとなるので買取業者にお願いをすると良いでしょう。

骨董品買取をしてもらう時には、それがどのような経緯で
自分のところに来たのかを把握しておき、買取業者さんの
スタッフにしっかりと伝える事が大切です。

そうする事によって、茶道についての知識が豊富なスタッフが、
古い時代の抹茶道具について鑑定をする際の参考になります。

骨董品買取業者によっては、特に家具について特化しているとか、
古い時代の抹茶道具を専門にしているというような、特色があるお店も
少なくありませんので、出来るだけ詳しいお店を探して
依頼することも大切になります。

見る人が見れば価値のある貴重なものだとしても、専門外の人に
査定をされてしまえば、二束三文の値段をつけられて
大損をしてしまう事にもなりかねません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)